1962年~2000年 - 変化する世界 ― 急速な変化の時代

変化する世界 ― 急速な変化の時代

1960年代の半ばから終わりの時期は大きな社会不安のときであり、第二次世界大戦末に生まれた世代が成長し、社会での女性の公的役割が大きくなりつつあった時代でした。この時期はまた、コングレガシオン、モントリオール、カナダそして世界に多くの画期的な希望がもたらされたときでもありました。1965年末に終わった第二バチカン公会議はカトリック教会に革新と新しい命への期待を約束しました。1967年、カナダは連邦成立100周年を迎え、それを記念しモントリオールで万国博(エキスポ)が開催されました。万国博は大成功に終わり、一躍、モントリオールを世界に紹介しました。1969年7月、世界は、月に到達し月面を歩いている宇宙士を驚きをもって見つめました。しかしながら、過去の問題は依然として消えることはなく、加えて、新しい問題の兆しが見え始めました。

19世紀の産業革命は西欧社会に大きな変化をもたらしましたが、20世紀後半の技術革命は更に広範囲にわたる急速な影響を全世界に与えました。簡単に、早く世界を旅することが可能となり、ますます効率化、高機能化、急速化した通信手段は、「地球村、グローバル・ヴィレッジ」と呼ばれる現象を生みました。欧米諸国と旧共産圏間の冷戦は終結しましたが、新たな地域紛争、気候変動、テロリズムといった恐怖が人々を脅かし始めました。カナダでは、建国民族間の緊張が依然として続き、ケベック州で独立運動が激化しました。宗教を離れる傾向は西欧諸国の多くでみられましたが、特にケベック州では脱宗教化は最も急速に進みました。同時に、世界各地からの移民はカナダ社会とケベック社会を今までになく民族的・宗教的に多様化しました。新世紀、新ミレニアムはかつてない繁栄をもたらすかのようでしたが、実際は前例のないほどのチャレンジの時代の到来でした。

Leaflet from Notre-Dame-de-Bellevue boarding school

Leaflet from Notre-Dame-de-Bellevue boarding school

Quebec, Quebec, [ca. 1890].

変化する世界 ― 第二バチカン公会議のチャレンジに応えて

「静かな革命」と知られるケベック近代化運動を推進する最初の政策の一つはケベック州の教育制度を見直す政府委員会を設立することでした。1963年から1966年にかけて、パロン報告と呼ばれる5巻に渡る教育報告が作成されました。この報告書の調査結果と提案に基づき、政府は教育制度を徹底的に改革し、増加しつつある生徒のニーズに対処するため、義務教育を中等教育(16歳)までに延長しました。その政策の一つは、従来のカレッジを廃止し、CEGEP(大学基礎教養機関、Collège d'enseignement général et professionnel の略)を設立することでした。こうして、政府は徐々に従来修道会が担っていた責任を引き継ぐようになりました。

同時に、他の修道会と同様、コングレガシオンもまた、会を設立するに至った当初の霊感に立ち返り、周りの世界に手を差し伸べるよう求められました。マルグリット・ブールジョワは、神の愛のメッセージを伝えるためには何処にでもでかけるよう、シスターたちに強く求めています。マルグリットの最初の埋葬場所にあった記念碑は、彼女の同僚のシスターたちが田舎であれ町であれ、教えるためには何処にでも出かけたことを記しています。カナダや米国では、既存の学校やカレッジで教えたシスターたちもいれば、必要なら遠隔地へも出かけ子供たちを教育し、あるいは司牧活動に奉仕したシスターもいました。難民を助け、社会正義のため働くグループに協働し、あるいは家族を援助するため働いたシスターたちもいました。マルグリットのように、これらのシスターたちは一般人と同様の服装で、奉仕する人々の近くに少人数単位で住居を構えました。

シスターの数は減少したものの、1980年以来のアソシエートの存在はコングレガシオンを一層豊かなものにしています。アソシエートとは、マルグリット・ブールジョワのカリスマと活動に霊感を受け、この精神を家庭や職場に伝え、またコングレガシオンの仕事を助け、参加することを望む、既婚・独身の男女です。現在、アソシエートは4大陸にわたり、約900人を数えています。

Catechism course taught by Sister Joan Lewis

Catechism course taught by Sister Joan Lewis

Cuilco, Guatemala, [1990 or 1991].

変化する世界 ― ラテンアメリカとアフリカに向かう

かってコングレガシオンが根付き、成長した世界がますます宗教を離れる傾向を強めるにつれ、これら繁栄する西欧諸国とは全く異なった国々で教会が必要とされ、シスターたちはそれに応えることを求められました。1962年6月、5人のシスターが長期調査のため、クエルナバカ(メキシコ)の養成センターに出発しました。同年10月、彼女たちはテグシガルパ(ホンジュラス)に、コングレガシオン最初のラテンアメリカでの宣教支部を設立しました。テグシガルパに続き、グアテマラ(1964年)、チリ (1965年~1973年)、エルサルバドル(1988)でも宣教支部が設立されました。これらの国で、シスターたちは、17世紀にマルグリット・ブールジョワと彼女の同僚たちが経験したのと同じくらいの危険と困難を生き抜き、宣教活動を続けました。

これらの国々で、シスターたちは、時には都市に住む貧困者のため、時には農村で、司牧宣教を行いました。農村では司祭は稀な存在でした。彼女たちは、現地民の援助、基礎共同体の建設、要理教育、読み書きを教えるプログラムなどに従事し、特に女性地位の向上と若者対象のプログラムのため積極的に活動しました。1986以降、これらの国で、コングレガシオンに入会する若い女性や、またアソシエートとしてコングレガシオンに参加する人々が見られ始めました。

1970年、コングレガシオンはもう一つの大陸、アフリカのカメルーンに到着しました。カメルーンでは現在、クンボ、マカック、マオウア、メリ、ガウンデレ、ヤウンデに宣教支部があります。これらの地区では、シスターたちは、正規の学校教育(宗教教育と一般教育)、教員の養成、寄宿学校の運営、教区・小教区の職務、霊的指導、女性と労働者の地位改善の努力等に従事しています。この分野で、アフリカのシスターとアソシエートは北米のシスターたちと協働しています。

Sewing session with the mothers of the village

Sewing session with the mothers of the village

Ebolowa, Cameroon, [after 1970].

変化する世界 ― カナダの聖マルグリット

1700年1月13日、マルグリット・ブールジョワの葬儀に列席した神父の一人は次のように述べています。「もし聖人が、昔のように聖職者や一般人の声により決まるのなら、私たちは明日、カナダの聖マルグリットのミサを祝うことになるであろう」と。この日からほぼ3世紀が経過した頃、マルグリット列聖の可能性が見えてきました。1869年、ブルジェ神父はローマを訪問した際、その最初の手続きを行いました。1878年12月、教皇レオ十三世はマルグリットを「尊者」とする布告に調印しました。尊者は聖人になるための第一段階です。1950年11月12日、マルグリットは教皇ピオ十二世によりローマで列福され、福者マルグリットとなりました。教皇ピオ十二世は、マルグリットなくしては「現在のカナダはどうなったであろうか」と述べました。1982年10月31日、マルグリットは教皇ヨハネ・パウロ二世により列聖され、ようやく、カナダの聖マルグリットのミサを祝うことが可能となりました。この列聖はマルグリットの第2の故国であるカナダ全体にとり大きな喜びでした。マルグリットはカナダで初めての女性聖人であり、今やカナダ全域にコングレガシオンは広がっています。マルグリットの列聖はマルグリットの生誕地、フランスのトロワにも格別な喜びをもたらしました。列聖の1年前、トロワにコングレガシオンの宣教支部が設立されました。

マルグリット・ブールジョワの列聖を祝うミサ、モントリオールのフォーラムで

マルグリット・ブールジョワの列聖を祝うミサ、モントリオールのフォーラムで

Montreal, Quebec, 25 November 1982.