アグネス・キャンベル (シスターセント・アン・カーメリタ)

総長任期:2016年~現在

ノヴァスコシア州ケープ・ブレトン島のシドニーで生まれる。小学校から高等学校までコングレガシオン・ド・ノートルダム(CND)の学校で教えを受け、CNDに入会したいと望んだ。アグネスの叔母二人はシスターであった。

シドニーのザビエル・ジュニア・カレッジで一年間学んだ後、1958年、シドニーを離れモントリオールのCNDの母院に向かい、1960年、誓願を立てた。同年、聖フランシスコ・ザビエル大学で教員免許資格を取得した。1961年から1996年の間、教師/学校管理者として、ケープ・ブレトン地域で働いた。1996年に教職を退き、セントジョゼフ管区の非常勤顧問となり4年間その任務にあたり、また、小教区司牧チームの一員として働いた。その間、聖フランシスコ・ザビエル大学で教育学士号を取得し、オタワのセントポール大学で神学を学んだ。

1997年、モントリオールのマギール大学で学び、社会福祉の学士号を得た。同年、セントジョゼフ管区の副管区長に選ばれた。2001年から2005年、誕生間もないヴィジテーション管区の顧問となった。2005年から2006年は母の看護のためサバティカルを取った。2006年から2011年の間、ホーリー・リディ―マー修道院の支部長を務めた。2011年、CNDの総本部行政機関の総顧問に選ばれた。2016年のCND総会で総長に選出され、現在に至っている。

アグネス・キャンベル(シスターセント・アン・カーメリタ)

アグネス・キャンベル(シスターセント・アン・カーメリタ)