メアリー・アン・ギブソン (シスター・サント・ユルスル)

任期:1864年~1870年

1809年6月14日ケベックで生まれ、1897年11月27日モントリオールで死去。スコットランド系のギブソン家に生まれる。一家はケベック市の下町にあったコングレガシオン・ド・ノートルダムの修道院の近くに住んでいた。両親の死後、姉妹と共に、コングレガシオン・ド・ノートルダムのシスターに預けられる。1819年受洗。1827年誓願宣立。フランス語と英語を教える。モントリオールの母院の寄宿学校で27年間、アソンプシヨンの支部で12年間を過ごす。その後モントリオールに戻り1864年から1870年まで修道院長を務めた。本会最初の英語系修道院長。

メアリー・アン・ギブソン(シスター・サント・ユルスル)

メアリー・アン・ギブソン(シスター・サント・ユルスル)